スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務内容

前回の記事で、業務依頼の割合に
触れましたが、今日はどんな作業を
行っているか、依頼数の多い順に
触れてみます。

1:特殊伐採(物を壊すリスクは少ないが、伐採のリスクが高い)
  とにかく、ロープを使って樹に登り、
  樹上で伐採する作業です。
  逃げる場所がない(樹上なので)所で
  チェーンソーを使用するような危険の
  高い作業。真下に家や電線があって、
  容易には倒せなかったり、伐れない
  ようなリスクの高い作業

2:簡易伐採(物を壊リスクは高いが、伐採者に危険が少ない)
  樹に登るための特殊なロープや器具
  を極力使わず、ある程度倒す場所が
  確保できているような樹の伐採。
  地面で伐るので、逃げる場所は確保しやすい。

3:草刈り
  こちらの方々は基本ご自身で草を刈られる
  方が多いのですが、独居老人の方や
  敷地が広すぎて体力がもたない、
  急斜面の草刈りなどは、この時期、
  依頼が増えます。
  というか、草刈りは作業内容に満足して
  いただけた方は、翌月や来年この時期に
  また来てください。とありがたいお言葉を
  いただけます。

多いのはこの3つの作業ですね。

そう多くないけど、長期作業として
行うのが、自伐林業。
もともと主軸にと考えていた事業
だったのですが、実際は利益率があまりにも
低いので、条件の良いところだけ請け負っています。
もう少し技術力をあげて望みたい事業ですね。
まぁ長期間の事業ですから、利益率が低いとわかっていても
他の業務で利益の上がった月はその業務の合間に
作業を入れていくようにしています。

 伐採や草刈りの依頼を受けた時、現場で
依頼者とお話しするのですが、たいていの
場合、まず本当に伐らないといけないのか、
伐れば費用がかかるということを伝えます。

「伐るのは簡単です。伐ったら何も残りません。」 


依頼者の予算や状況を詳しく聞いてから、
一番本人の負担の少ない解決方法を探ります。
「隣の家に倒れて迷惑がかかるから」などの
依頼は、個人損害保険のような保険も進めます。
この場合、掛け捨ての保険なので、条件が合えば
かなり安くで済みます。

そういったように、本人様が何を望んでいるのか、
対象木とどう付き合うのかということが大切だと
思っているので、まずは伐らずに負担のない方法を
考えます。

そうすると、最終的には伐らないということも多いです。
依頼の1/3は成約にいたらないですね。
でもそれが、逆に好意を持っていただき、どなたかを
紹介していただけることにつながりますが。。。




スポンサーサイト

起業から1年

今月の1日で起業してからちょうど1年経ちました。

あっと言う間の1年だった気がします。
こんなに早く過ぎ去った1年は今までに
なかったのではなかろうか。。。

昨年、いや、それ以前から独立願望が
あったので、ネットや、すでに独立されている
方の話など色々聞きまわりましたが、
気になったのは、まず起業してから

1年後続いている人の割合は、70%
2年後続いている人の割合は、30%
3年後も続けることのできる割合は、10%

こんな統計が出ているみたいで、
起業した人のほとんどが、3年続かず、
倒産や自己破産、また会社員に戻ることに
なるという。。。

また、起業して成功した方の言うことで
よく耳にするのは、
「起業した当時は本当に仕事がなくて、
   その日の晩ご飯のおかずが買えなかった」
とか
「家族で苦しい生活を乗り切った」
というような、1杯のかけそば伝説みたいなこと。

ぼくはと言うと、う~~ん
とりあえずは、1年続いて良かったです。
当初と比べると、知名度は格段に上がった?
と思います。。。

そして、月々の給料は必ず払うという
不確定な絶対を確約していたので、
何かを質に出すというようなことや
家賃払えません、、、
なんてことはありませんでした。

現在、仕事の依頼の割合は個人が50%、
地元企業と公共事業が合わせて50%と
いったところでしょうか。

お客様に
「お客様の樹を伐採できるのは、
1年先ですね。。。」
って言わないといけないくらい
仕事が埋まってほしいものです。

1年経った今の正直な気持ちは、
独立して良かった!本当に良かった!




牧場(まきば)

牧場


昨年の秋ごろ、牧場内にある80本ほどの
杉の木を伐採してほしいとの依頼がありました。

 雪の日や、スケジュールを調整しながら、
年明けから伐採、集材、集積と、牛さんに
囲まれながらコツコツと作業して、
ようやく今日、全部の材を運搬しました!

杉の用材(合板用、いわゆるB材)だけで、
総重量約28t
パルプ材(チップ用、C材)は、約15tでした

重機は牧場主にお借りしたので、
だいぶ効率よく作業でました。

自伐型搬出もだいぶうまくなってきました。

驕り、自惚れ

‘きたろう’を立ち上げてから10ヶ月、
町内では少しづつですが、僕の
名も知れ渡っているようです。

今日お会いしたお客様は、
高い所に登って木を伐る人が
あちら方面にいるよと、自治会の席で
話がでたらしく、僕と共通の知り合いを
通じて連絡をくれたそうです。

先週、僕に自伐林業をご教授くださった方が、
新しい器具が手に入ったから、使わせてあげると
わざわざ、遠方から2時間半かけて、僕の現場に
訪ねてこられました。
その方のブログにちょくちょく僕のことが
書かれているので、興味のある方はご覧ください。
(ただ、この方の記事はかなり長い文章なので、
無理に読まなくてもよろしいのかと。。。)

島根・山守network


 色々な方のご紹介や、ご協力、ご助力を
いただいて今があるのだと感謝しています。
常に驕らず、自惚れず、謙虚な姿勢を崩さずに
日々邁進し続けたいと思います。



雪害処理3月

ずいぶん更新ができませんでしたが、
ありがたいことに、最近はとっても忙しい。。。

 役場からの依頼で、2月の雪害処理を行って以来、
あちこちの処理に追われる日々が続いていました。

 3月の最終週に行った仕事は、特に危険な作業で、
自身をクレーンで吊ってもらうという方法で伐採しました。

根倒れしているシデの木。

フェンスの柱でかろうじて止まっている状態。。。

ケーブル線はかなりたわんでいるので、相当のテンションが
かかっていると思われた。

mケーブル

荷重を減らすため、先の方から慎重に伐っていき、
数メートルを残して最後は線の内側で伐った。。。

十分にツルを利かせ徐々に持ち上がってくる幹。

根が揺れるたびに落ちてこないかと恐る恐る伐り進めたが、
結局切り離された瞬間は、ケーブ線は一気に持ちあがって、
上方に数十センチ跳ね上がり、下に落下した。

ハッと根を振り返りましたが、根はその場で止まったままでした。
僕の範囲はケーブル線にかかっている所を伐ればいいだけで、
後は別の業者が大型機械を持ってきて処理するのだそうです。

ケーブル線と、落下防止フェンスを設置する管轄が違うのだが、
都市部でいうガス工事と下水工事の管轄が違うのと同じで、
一緒にやれば1回で済むのに、なぜか2度手間を、、、

依頼を受けたとき、1回で済むよう少し提案してみたが、
そういったことにあまり関心なさそうな感じだったなぁ~

mケーブル1

ここは旧国道で、現在は町道なので、町が通行止めもしているので、
安心して作業を行えましたが、いつまでも通行止めには
出来ないということで、他の仕事より優先してこの前後の区間、
数十か所の支障木を行った。

緊張感ある厳しい現場が続きましたが、十分な経験と
勉強をさせていただきました。

無事でなにより。。。

役場とは関係がないが、
4月末に確定する6月の
1ヶ月間という長期の仕事が請けれれば、
7月まで忙しい日が続きます。。。

感謝です。

認知度

友人のお父さんが工務店を商っており、
使われなくった旅館の改修工事に伴う、
庭木の伐採、剪定業務を請け負いました。

工期も短く、使用目的も簡単な会合用らしいので、
いわゆる奇麗な造園業務ではなく、荒れた果てた庭を
スッキリする程度でいいそうです。

とはいえ、高所というほどではありませんが、
木のぼり仕事もあるので、緊張は強いられますね。
また、町内でも人の行き来が多い場所なので、
目立ちます。。。

武2

写真は狭い所の木々ですが、機械が使いづらいので、
手作業で木や竹を伐っていきました。

武1

ここ最近、立て続けに仕事が入り、
雨雪の影響もあって、日にちの調整が
難しいという、嬉しい悩みが、、、
「あれは、あぁやって、、、
 これはこうして、、、
  あっ、あれがあるわ、、、
   どうしようかぁ~、こうしようかな。。。」

ケーブル線の雪害処理

ようやく更新できました。

今年に入って2度目の雪
やはり針葉樹の若木は重い湿った雪に負けてしまいます。

雪害1

この日は雪が降るので、確定申告の事務作業を
行っていましが、急きょ役場から、ケーブル線に
掛った倒木があるので何とかならないかと依頼がありました。

早速出動!

依頼の電話の後に届くLINEの写真。
この写真だけでは、かなり厳しい状況では
ないかと思っていました。

現場到着

倒木の真上に、大きな桜の枝が張り出していたので、
そこに吊り上げ用のブロックを設置。
手前の電信柱からチルホール(牽引器具)で
ブロックを経由し倒木の幹にロープをくくりつけました。

ケーブル線から木が離れた瞬間は、思わずガッツポーズ!

後は、ゆっくりおろして処理すれば、きれいさっぱり
車も通行できるようになりました。
12時前に依頼を受けてから完了までおよそ4時間半
なんとか暗くなる前に処理できてよかったです。

雪害2


この一件で依頼する幅が広がったと、役場の方も
喜んでいただけました。

雪害3

公共事業



公共事業とは少し大袈裟なタイトルではありますが、
町役場から直に伐採依頼がありました。

なんでも、町が推進している光ケーブルにかかる、もしくは
倒れたらケーブルを破損してしまうかもしれないような木が
其処此処にありまして、今まではNTTに依頼していた
そうなのですが、NTTは直接伐採しませんから、
当然下請けに、、、
下請けも危険でできないから、孫請けに、、、
そうすると金額が上がるので、役場が直に伐採業者を
選ぶということになったそうです。
そこで、僕の名が挙がったそうです。。。

higa2.jpg

当然、僕はいつも通りの値段を提示。
即断で僕に請け負ってほしいとのこと。

やったね!まだまだこんな仕事があるそうです。
早く次の依頼が来ないかなぁ。。。

Hi邸 伐採完了

Hin邸

伐採完了

径5㎝~8㎝程度の灌木の伐採と
下草刈りの業務でした。
10年前に伐採した後、放置されていた現場だそうで、
所有者様が高齢でチェーンソーを取り扱えないとの
ことでの依頼でした。
写真には写っていないですが、傍には胸高直径40㎝
くらいの桜と、15㎝くらいの合歓の木をついでに
伐倒、片付けを行って、4日で完了しました。

H邸 伐採完了

H邸完了

H邸の裏の杉の伐採が16日に完了しました。
ざっと数えて、大小合わせて計70本以上の
伐採でした。

予算の範囲内ということで、なるべく木登り作業は
行わず、チルホールでの牽引伐倒で処理しました。
とはいえ、一番前列の杉については、
ほとんどの枝が前方(家側)に向かって生えており、
牽引していても、倒れる途中で傾く恐れがあるので、
樹高の1/4くらいまでは枝打ちを行いました。

さらには、一般的な伐り方(受け口45度)ではなく、
オープンフェイスカットとクサビを使用しての倒し方で、
安全かつ確実に伐倒いたしました。

今回も無事故でなにより、感謝です。
プロフィール

Taro

Author:Taro
2016.6.1
林業分野で独立!
特殊伐採、自伐型林業を
主軸に簡単な伐採から草刈、
チェンソー、刈払機の点検整備
まで、木や山林が抱える問題
を所有者と共に考え気軽に
相談でき、良いアドバイスが
できるような事業を目指して
います。

FC2カウンター
楽天ランキング
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。