スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤森 先生講演会

8日、藤森先生、藤森 隆郎さんの講演会に
行ってまいりました。

僕の自伐型林業を取り組むきっかけと
なった方からの紹介で参加してきました。

正直、多数の本を出版されているにもかかわらず、
お名前は知りませんでした。
もしかしたら過去に読んだ本の中にあったかどうか、、、

林業界にとってとても偉大な方みたいです。
日本より海外に名を知られた方みたい。

こんな本とか
51c51g1b+gL__SL150_.jpg
こんな本を書かれています。
51gKZL1Kc9L.jpg

1938年京都市生まれ。1963年京都大学農学部林学科卒業後、
農林省林業試験場(現在の独立行政法人森林総合研究所)入省。
森林の生態と造林に関する研究に従事。
森林の生態と造林に関する研究に従事。
研究業績に対して農林水産大臣賞受賞。

1999年、森林環境部長を最後に森林総合研究所を退官。
社団法人・日本森林技術協会技術指導役、
青山学院大学非常勤講師を務めた。

気候変動枠組み条約政府間パネル(IPCC)が
ノーベル平和賞を受賞したことをに貢献したとしてIPCC議長から表彰される。
主な著作
『「なぜ3割間伐か?」林業の疑問に答える本』全国林業改良普及協会
『森づくりの心得 森林のしくみから施業・管理・ビジョンまで』全国林業改良普及協会
『森林施業プランナーテキスト基礎編』(共著)森林施業プランナー協会
『藤森隆郎現場の旅 新たな森林管理を求めて』(上巻・下巻)全国林業改良普及協会
『間伐と目標林型を考える』全国林業改良普及協会
『森林生態学―持続可能な管理の基礎』全国林業改良普及協会
『森林と地球環境保全』丸善
『新たな森林管理―持続可能な社会に向けて』全国林業改良普及協会
『Ecological and Silvicultural Strategies for Sustainable Forest Management』Elsevier, Inc. Amsterdam.
『森との共生―持続可能な社会のために』丸善
『森林における野生生物の保護管理』(共編著)日本林業調査会
『森林の百科事典』(共編著)丸善
『広葉樹林施業』(共編著)全国林業改良普及協会
『複層林マニュアル―施業と経営』(編著)全国林業改良普及協会
『多様な森林施業』全国林業改良普及協会
『枝打ち―基礎と応用―』日本林業技術協会

読んだことがあるようなないような。。。

講演会はというと、

長伐期施業~持続可能な森林管理の本質~

本質なんてかなり仰々しいタイトルですが、
わかりやすく、丁寧に解説していただいた
様な気がします。
現在、山に入って作業している身として、
かなりのヒントをもらいました。
現場で活かしてこその理論ですね。

なんとか林業の低賃金を改善したいと
願っている僕としては、こんな方と
収益について話をしたいものです。
勉強して収益が上がるとは思いません。
でも勉強しないと収益は上がりません。

効率と知識とアイデアと体力と、
そして技術とモチベーション。
家族と仕事。
求められるものは多いですね。

そんなことを問われている
講演会だった気がします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Taro

Author:Taro
2016.6.1
林業分野で独立!
特殊伐採、自伐型林業を
主軸に簡単な伐採から草刈、
チェンソー、刈払機の点検整備
まで、木や山林が抱える問題
を所有者と共に考え気軽に
相談でき、良いアドバイスが
できるような事業を目指して
います。

FC2カウンター
楽天ランキング
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。