初出荷

初出荷

リョーキレンタカーで 2t ユニック車を
レンタルして初出荷!

5、6年前に中型免許の教習所で乗った以来のトラック車。
ユニック(正式には小型移動式クレーン)を扱ったのも、
移動式クレーンの講習の時に動かしたくらいで、
いきなり公道を走って操作するとなると、少し戸惑っていたが、
契約するときは、ペーパードライバーです。なんて言うと断られるかと思って、
さもいつも乗ってましたというような態度で契約しました。
その甲斐あってか、なかったか、
先のリース会社とは違い、あっさりと借りれたので、
今後はリョーキレンタカーを使うことになるだろう。

午前は特赦伐採で伐った木をユニックで引っ張り出して、
積み込んで木材市場へ行った。もう少し積めたのだが、
思った以上に時間がかかったので、そのまま市場に行った。

そして、1便出荷後、自伐作業で搬出した山に来て、
土場にためてあった木材を荷台に積み込んで(写真参照)
いざ市場へ向かった。

市場終了ぎりぎりの時間になってしまったが、
市場の方は快く対応してくれた。

はたして2台分、利益は上がるのであろうか。


スポンサーサイト

Y邸 裏の杉 伐採 完了

y邸杉後
y邸前jpg


伐採完了
Y邸裏の杉の伐採が完了しました。計15本。

チルホールを使って山手側に伐倒しました。

完了写真(右画像)の残った1本は、
画像でいう住宅の向こう側に別の方の空き敷地があり、
そこにスピードライン(木を吊って下りに流す)と車を
繋ぐために残してあるのだが、はたしてうまく行くかどうか。。。

重くても材は500kgを超えないから、車が浮き上がったり
ずれたり、引っ張られたりはしない!はず、、、

リョーキレンタカー

改めてリース会社に電話を入れると
来週の中頃まで返事ができないとのこと。。。

少し時間がかかりすぎているので、
他のリース会社を検討することにした。
最初のリース会社から3kmほど離れた所にある
‘リョーキレンタカー’に行ってみた。

先の会社のように手続きが多いのかと
思ったが、借用契約書に著名、捺印でOK
特に渋い顔もされずに話ができたので、
早ければ30日には借りれそうだ。

最初の会社は地元の方の紹介だったので
なかなか他に手が伸ばせずにいたのだけれど、
行動に移してしまえば何てことなく進んでいく。

来週とうとう初出荷か。

初出荷に向けて

1.jpg
〜自伐型林業〜

1日から間伐を行い、
約2週間でこの程度集積した。
もう少し効率を上げれば、
まだまだ集材できそうだ。

今回はトラック(2tユニック)を
レンタルして木材市場まで出荷する予定だ。

先週の月曜日にリース会社に行って手続きを
済ましたのに、本社の上役が出張や何やらで
まだ決済がおりないので、出荷できません。
早く出荷したいものだ。

ただ、その間、別の伐採現場で材が出たので、
しかも結構太い材なので、出荷量が増えるから
それはそれで楽しみだ。

Ki-Taro

Y邸 裏の杉 伐採

イチョウ、クスの特伐依頼あり。
今朝一番で現場確認。

その後、昼まで労働災害保険特別加入の
申込みについて、振動障害の健康診断の
指示を労働監督署から受けたので、
診断を行ってくれる病院はどこかと問い合わせると、
県内には行ってくれる病院はないと。。。
そんなはずは!と聞いて回って、
環境保険公社なる機関がしているとの情報が、、、
結果、保険公社から詳しく労働監督署に問い合わせて
いただき、来週に結果を知らせてくれることとなった。

中々上手い具合に物事が進まない。

午後からは、自宅近隣のY邸裏の
杉15本の伐採に取り掛かった
2日間の作業予定。

3日目からは元8mまでは市場に出荷して、
かかった経費を差し引いて依頼主に
還元できればと考えている。

新規開業

6月1日大安 ついに独立

開業から2週間、日々の業務に追われていますが、
雇用から離れたことで、気持に余裕が生まれました。

予測できたこと、想定してなかった事、
不安なこと、自信が持てること、
辛いこと、楽しいこと、

独立後のサクセスストーリーをこの場で
綴っていきたいとブログを開設しました。
プロフィール

Taro

Author:Taro
2016.6.1
林業分野で独立!
特殊伐採、自伐型林業を
主軸に簡単な伐採から草刈、
チェンソー、刈払機の点検整備
まで、木や山林が抱える問題
を所有者と共に考え気軽に
相談でき、良いアドバイスが
できるような事業を目指して
います。

FC2カウンター
楽天ランキング
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる